英語教育は使える英語を意識したレベル設定が大切

これからはグローバル化が当然の社会となって英語の重要性は昔からも変わりありません。そういうことから英語教育に関する議論も盛んにされることも多いですが、課題も多いままというのが現状ではないでしょうか。

義務教育で英語が科目にあるにもかかわらず卒業して使える状態にあるという人はほんの一握りという現状であるのは今も昔も進歩がないようにも感じます。

ただし英語教育そのものも点数を取るものよりも実際に使える英語のための教育重視へとシフトしつつはあります。英語を使える状態にするということは使う機会を増やすことも大切ですし、学習のレベル設定もかなり重要といえます。

簡単な英語をトレーニング的にすぐに使えるということも効果的ですがレベルを上げてより幅広い表現や理解をするにはやはりレベルを上げていくということになります。

あまり高い目標設定ではモチベーションが続かないことからも適切なレベルでの学習や訓練が効果的な英語教育への鍵といえるでしょう。

PR|http://www.revo.gr.jp/courses/business.html|