英会話で細かいことは気にしない!

ビジネスの現場では、迅速な対応が求められたりもしますが、そこで使う言語が英語だったらどうでしょう。臨機応変な対応をすることは難しいのではないでしょうか。

もし会社で英語で話さなければならないとしたら、私は細かい文法事項は忘れることを強くおすすめします。学校では、3人称単数のsは忘れたらペケだったり、現在進行形にbe動詞が入っていなければ駄目だったりと、色々細かな文法を教えられたと思います。

ですが、これはあくまでも受験英語としての、ものすごく正しい模範的な英語です。帰国子女か、よほど慣れるかしない限りは、こんなことを考えていては会話は成り立ちません。だから細かいルールは忘れて伝えるべきことだけに重点を置くことが大切なのです。

多少間違っていても問題なく伝わることは経験してきましたし、誤解があったとしてもそれは自分の失敗談として後日同じ失敗をしないよう勉強する機会となります。ざっくりと、とにかく相手に伝わる英会話を心がけましょう。